瓦版 第17号

前回、16号を配信してから、大分月日が経ちました。

夏、都議会選挙と衆議院選が続いて行われ、結果は自民党の大敗で終わりました。
皆様、ご承知の通りです。
地域が中心になって伝統的に守ってきた保守政治から、社会は脱却を図った様に思います。

規制緩和を謳い行革を進め小さな政府を目指した国が、今、子ども手当て等の拡充を図り、大きな政府にならんとしている様に思えます。
時代の節目とでも言う中で、しっかり自分の足元を見直し、区議会議員として本当になすべき事は何かと、この3ヶ月間、自問自答を繰り返して参りました。

その間、定例議会、決算特別委員会、常任委員会、特別委員会、審議会や行政視察等の区議会議員活動を務める中で、或いは、地域で行われる様々な行事に参加をさせて頂く中で、又、私の議員活動歴を省みる中で、改めて区議会議員のあり方と活動理念を、地域の皆様にしっかり示してゆかねばならないと自分自身を戒めております。

自民党の大敗と政権交代を機に、議員生活が2年半になる中で議会、行政、議員、そして地域を改めて見直す機会を得る事が出来たのかもしれません。

この度、私のホームページを少し変えます。
見出しのページに 『熊さんの一言』 を新設します。
日々の議員活動で感じた事や私の思いを皆様に、数行ですが頻繁にお伝えできればと思っております。
宜しく、お願いします。

若い世代の人達が、「子供を欲しくない」との思いが大きい様です。
就職や経済的な問題、住居の問題、多様な生き方が望まれる昨今です。
国家のあり方にも影響を与える、若い世代の思いに、正直、戸惑いも感じます。
私たちが暮らす地域の問題でもありますが、日本の正念場が訪れた様な気がします。


地域で、各世代が抱える様々な思いをテーマに、気楽に話せる場を作らないと、本当に、地域の夢が消え、国の夢まで消えてしまいそうな気がします。

今後、私は、地域が抱える様々な問題を話し合える場を設け、皆様に呼びかけをして参ります。
宜しくお願い致します。




お問合せ